クロムハーツ買い取りできないアイテム一覧

クロムハーツを売る時に気をつけたいのが、買い取り拒否をされてしまうことです。
お店は買い取ったアイテムを中古品として販売しているので、お店で売れるものでなければ買い取りすることができません。買い取り不可の基準はお店によって若干違いますが、一般的にこれはNGだろうという基準を調べてみました。

買い取り不可能なクロムハーツ

次のような状態のアイテムは、買い取り不可となるケースが多いです。

傷や歪みが激しいアクセサリー

少しの傷なら買い取りを拒否されることはないですが、深い傷が付いていたり形が歪んでいる場合は減額もしくは買い取り拒否となる可能性が高いです。

傷みや汚れが激しいレザー、アパレル

レザー類やアパレルは生地が傷んでいたり、汚れていると減額となります。状態が悪くなると値段が付かなくなってしまいます。
また、当然ですがボタンなどのシルバーパーツが欠けていたりすると減点です。

匂いのついているレザー、アパレル

レザーやアパレルの場合は、匂いにも注意が必要です。
タバコや香水、ペットのおしっこなど取れづらく悪臭がするものは買い取り拒否となってしまいます。

偽物、コピー品

クロムハーツタイプなどの偽物は当たり前ですが買い取り拒否されます。
買い取り店の査定員は優れた鑑定眼を持っていますので、偽物を高く売って儲けようなどという考えは持たないほうが賢明です。

以上が買い取り拒否になってしまうアイテムとなります。
ただし、お店によっては状態が悪くても値段を付けてくれるところもあるので、ダメ元で聞いてみるのもアリだと思います。

予想外!意外にも買い取りOKとなるケース

買い取り拒否かと思いきや、意外にも買い取りしてもらえるケースも存在します。
これじゃ買い取ってもらえないだろうなぁ、と思って諦めるのはまだ早いですよ。

インボイスが無い場合

インボイスが無いクロムハーツは本物の証明ができない、と言えるくらいインボイスは大切なものです。これが無いと正規店での修理が受け付けて貰えないともいいます。

しかし、インボイスが無くてもクロムハーツは買い取ってもらえます。インボイスがあるものに比べて少し買い取り額は下がりますが、買い取り実績を見る限り実際にはほとんど差がありません。

付属品が無い場合

クロムハーツ購入時に付いてくる革袋や箱、リボン、包み紙、ショッパー(紙袋)は、あまり使い道が無いのでつい捨ててしまいがちです。
この付属品が無いからと言って、買い取って貰えないというのはありません。あれば買い取り額がちょっぴり高くなるかもしれませんが、ほとんど影響は無いと言えます。

初期モノの形状の違うアイテム

初期のクロムハーツは現行のアイテムと形が異なったり、インボイスが付いていなかったりします。
お店によっては買い取り拒否となってしまうようですが、鑑定眼のあるお店であればちゃんと買い取ってくれます。

まとめ

クロムハーツ買い取りを拒否される可能性が高いのは、次のような状態のアイテムです。

  • 傷や歪みが激しいアクセサリー
  • 傷みや汚れが激しいレザー、アパレル
  • 匂いのついているレザー、アパレル
  • 偽物、コピー品

一方、下記の場合は買い取りOKですのでご安心ください。

  • インボイスが無い場合
  • 付属品が無い場合
  • 初期モノの形状の違うアイテム

あわせて読みたい