《注意》ヤフオクやメルカリでクロムハーツを売る時に気を付けたいこと

ヤフオクやメルカリでクロムハーツを売る時に気を付けたいこと

ヤフオクやメルカリなどの個人間で物を売買するサービスは、上手く使えば買取店よりも高くクロムハーツを売ることもできます。
手軽に使えて便利なサービスですが、気を付けないと厄介なトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
気持ち良い取引をするために、ヤフオク・メルカリを利用する際に注意すべきことをまとめてみました。

メリットは買い取り相場より高く売れること!

ヤフオクやメルカリなどの個人間売買サービスは、買い取り店に売るよりも高い値段でクロムハーツを売ることができることがあります。これは、中古のクロムハーツを売りたい人と買いたい人が直接やり取りすることで、純粋な「商品の価格」で取引されるためです。間に買取店が割り込むと「店の利益」などを「商品の価値」に上乗せするため、どうしても個人間売買サービスよりもお得感が少なくなってしまいます。

ヤフオクの落札価格と買い取り店での買取価格、販売価格*を比較すると、次のような関係となります。
買取店が中古のクロムハーツとして販売する値段

販売価格 > 落札価格 > 買取価格

例えばキーパーリングで例えると、販売価格(7万) > 落札価格(5万) > 買取価格(3万)というような価格差となっています(参考数値です)。お店よりもクロムハーツが高く売れるのがヤフオク・メルカリの一番の特徴です。

また、需要の少ないアイテムでも値崩れしにくいというメリットもあります。
買取店ではあまり人気の無いアイテムは買取価格が低くなりがちです。何故なら店頭で再販売した際に、高い金額だと売れずに残ってしまうリスクがあるためです。
しかし、ヤフオクなどのWebサービスはとても利用者が多いため、一見不人気そうなアイテムでもそれを欲しがっている人が必ず現れます。そのため、買取店に比べると値崩れしづらく割と高値で売ることができるんです。

ヤフオク・メルカリのデメリット

ヤフオクやメルカリは個人間の取引であるがゆえのデメリットが幾つかあります。

トラブルが起きた時自分で対処しないといけない

個人間で物を売買するので、トラブルが起きた時も自分で対処をしなければいけません。
商品の状態に関するクレームや、輸送中の事故、支払いのやり取りなど、様々なトラブルが起こり得ます。
怒っている相手との連絡のやり取りなどは、多大な時間を浪費し精神的な負担もかなりかかります。
ヤフオク・メルカリでよくあるトラブル

買取店を利用した場合はこのようなトラブルに巻き込まれることが無いので、安心して物を売ることができます。

手数料が高い

出品したアイテムが落札されると、出品者は落札価格の数%を手数料としてヤフオクやメルカリに支払わなければなりません。
手数料はヤフオクが約9%、メルカリが10%という設定です。
1万円で落札された場合は約1000円が手数料ですが、落札価格が10万円なら1万円も手数料を取られてしまいます。

買取店の場合はほとんどのお店が手数料無料となっているので、かかる手間や手元に残る金額で天秤にかけて、ヤフオクと買取店どちらが良いかを選ぶことをお勧めします。

値段を釣り上げられる

これは出品者側のデメリットではないのですが、このようなトラブルもあるということでご紹介します。

オークション形式のヤフオクでは、狙っているアイテムに入札するとライバルがより高い金額で入札してきて価格が上がってしまうことがあります。これ自体はよくあることなのですが、たまに出品者が別のアカウントで入札をしてきて、価格を釣り上げてくることがあります。
本来もっと安く買えたはずのアイテムを高値で買わされるので非常に腹立たしいのですが、これは見分けるのが難しいので気づかないことがほとんどです。

もしヤフオクでクロムハーツを購入しようとする際は、このようなリスクもあることを覚えておいてください。

ヤフオク・メルカリでよくあるトラブル

ヤフオクやメルカリでよく見かけるトラブルと対策方法をまとめてみました。
出品する前に読んでいただければ、トラブルに巻き込まれる可能性がかなり減るかと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

すり替え返品詐欺

クロムハーツはニセモノの多いブランド品としても有名です。本物のクロムハーツから型を取れば簡単に量産できて見分けも付きづらいので、市場に氾濫してしまっています。ヤフオクやメルカリにもニセモノのクロムハーツがかなり出品されていますが、自分が出品者側の時に気をつけたいニセモノトラブルがあります。それは、返品時のすり替えです。

落札後に文句をつけて返品されたクロムハーツが、いつの間にかニセモノにすり替わっているという事件を耳にしたことがあります。
すり替え返品詐欺と呼ばれるこの手法はなかなか立証しづらく、やられた方はたまったものではありません。

このような被害を防ぐためにも、マイナス評価のある落札者をブロックするなど出来る限り自己防衛するようにしてください。
言うまでもないですが、自分でニセモノのクロムハーツを本物として出品することは犯罪ですので、絶対にやらないでくださいね。

輸送中の事故が起き

もし商品の輸送中に事故が起きてしまった場合、補償の対応を自分でやらなければなりません。宅急便だと保険が付いていて金銭面での補償されますが、その面倒な手続きも自分で対応です。
また、定形外郵便など一部の郵送サービスは紛失となっても補償対象外になるので、ご注意ください。
高額なアイテムを発送する際は、必ず補償の付いた方法で送るようにしてください。

個人間の売買なので発送作業も自分で行わないといけませんので、発送作業が手間だと思う方は買取店を利用するのが良いでしょう。

商品の状態について

出品の際に商品の状態について詳しく説明を書くと思いますが、それでも落札者の方に画面上で100%伝えることは難しいです。
もし落札者が思っていた状態と違うとなった場合、クレームとなる可能性が少なからずあります。
このトラブルを防ぐには、傷や汚れなどは漏れなく正直に記載したりなるべく多くの写真を添付して、相手にアイテムの状態を十分に伝えることが必要です。

あわせて読みたい