【アフターダイヤ】カスタムしたクロムハーツは売れるのか?


購入後にカスタムしたクロムハーツは、買い取り業者に売ることができるのか?そんな疑問についてお店の対応を調べてみました。

クロムハーツのカスタムって何?


クロムハーツのアクセサリーの中でもジュエリーと呼ばれるのが、ゴールド素材やダイヤ入りのアイテムです。
しかし、度重なる値上げによってジュエリーは普通のシルバーよりもかなり高額となり、なかなか手にすることが難しい状況になってしまいました。
そんな中、数年前から正規店で購入したシルバーのクロムハーツを加工して、ダイヤ入りやゴールドメッキを施すサービスが出てきました。カスタム業者はクロムカスタム工房など複数のお店があります。

ダイヤを入れる行為はアフターダイヤと呼ばれ、純正ではないけれど安くて質の良いダイヤを熟練の職人さんが正規品と同じようにクロムハーツに装飾してくれます。
低価格でクロムハーツのジュエリーが手に入るということで、カスタム業者の利用者は年々増えています。仕上がったアイテムは、パっと見ただけでは正規品と見分けがつかないほどです。

でも、良かれと思ってカスタムをしたけれど数年後そのクロムハーツを売りたくなった時、本当に買い取ってもらえるのか気になりますよね?そこで、お店の対応について調べてみました。

カスタムしたクロムハーツは買い取ってもらえるのか?

結論から言うと、カスタムしたクロムハーツも買い取ってもらえます。RINKANではアフターダイヤのアイテムを買い取っていることは間違いありません。
ただ、確認が出来た買い取り対象はアフターダイヤだけでしたので、ゴールドメッキなど他のカスタムは買い取りNGになってしまうかもしれません。

買い取り店の通信販売を見ると、アフターダイヤのアイテムはきちんとその旨が記載されています。これはお客さんにちゃんと説明しておかなければならない重要なポイントだからです。(お客さんによってはアフターダイヤを嫌がるため)
もしアフターダイヤのアイテムを買い取りに出す際は、きちんとお店にアフターダイヤであることを伝えてください。見る人が見れば分かってしまうのですが、万が一見逃されて正規品として市場に流通してしまった場合、次の持ち主さんも可哀想ですし、クロムハーツのブランド価値低下を招きかねません。

また、アフターダイヤだからと言って極端に買い取り価格が下がるようなことは少ないのではないかと思われます。RINKANのようなしっかりした買い取り店ならば、使われたダイヤの質や数、大きさなどで正確に買い取り額を算出してくれると考えられます。

あわせて読みたい